通販では様々なファッションを購入出来ますが、購入が特に難しいアイテムに靴があります。靴は、メーカーによって幅が違ったりして、合わないと足が痛くなることもあります。とくに、ファッションのパンプスやサンダルだと、大きいサイズだと歩きにくいし、見た目も悪くなります。パンプスタイプは、ワイズEと記入されていて、ワイズとは足囲のことで、足の親指の付け根から小指の付け根を1周した長さです。

また、DやEは足囲のサイズのことで、4E、3E、EE>、E、Dの順で小さくなります。日本人の平均は2Eで、その表記だと大体サイズも合います。ワイズは、E表記以外にもcm表記もあるので、計っておくと安心です。次に、靴のファッションでは、足幅も重要です。

足幅は、上から足を見て、足の指の下の1番幅の広いところの横幅です。靴は、可愛いというだけで直ぐに購入してしまうと、全くサイズが合ってなくてしまったということになります。ストラップのないサンダルなどは、普段履いている靴のサイズでも合いますが、パンプスやブーツなどはサイズ表記に注意してから購入した方が良いです。通販のお店では、サイズ表記も詳細まで掲載されているので、自分の足を計っておくとよいです。

自分の足のワイズと足幅を計り、普段履きなれている靴のサイズを計っておくと安心です。通販では、実際に履くことが出来ませんから、サイズを計っておくことは重要です。似たような靴を持っているときは、そのサイズと比べてみて、近いものを選ぶとよいでしょう。