近年人気のFXの魅力とリスク

近年、株価の上昇などに伴って投資や投機といった資産運用が注目となっていますが、その中でも気軽に始めることができるとして人気なのがFXになります。
ではそもそもFXとはどのような仕組みで、どのようなリスクが伴うのかを見ていきましょう。



少額でも始めることができるのが魅力のひとつで、一般的には1万通貨単位が標準になりますので、100万円分の取引を行うこととなります。

しかしFXは100万も準備しなくても取引をすることができるシステムになっています。

そのシステムとはレバレッジと呼ばれるシステムで、日本語では「てこの原理」を意味するレバレッジは少ない金額でも大きな金額を取引することができます。

日本では25倍まで掛けることができますので、手元に10万円分あれば最小取引単位の1万通貨を取引することができるようになります。

これは自身が準備する10万円は担保金となり、実際に取引をするお金は利用している証券会社のお金を借りて取引をしていることになります。これにより少ない金額でも大きな利益を上げることができるようになります。

トルコリラに関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

このレバレッジがFXの最大の魅力になるのですが、それと同時に大きなリスクにも繋がってきます。

例えば10万円の証拠金で1万通貨を買っていた場合は、当然100万円分の損失を出すリスクもあることとなります。
10万円しか持っていないのに100万円の損失を出した場合には、足りない90万円は借金となり、口座に入金をしなくてはなりません。



もちろんそのような事態にならないように、証券会社が証拠金の50%を下回った場合には強制ロスカットなどの対策をとっています。


しかし急激な価格変動に伴い、システムが追い付かず証拠金を上回る損失を出すことがありますので、あまり高いレバレッジを掛けずにリスク管理をしっかりとしていきましょう。